自分の歯と同じように

インプラントは人工歯なので虫歯の危険性は全くありないでしょうが、歯周病には気をつけて下さいね。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないワケで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができないでしょう。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かも知れないでしょう。
放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
外科手術を受けたワケですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごすように努めましょう。

日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。矯正歯科 抜歯なし・痛みも少なく・矯正期間も短く

実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありないでしょうが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより結構長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。