簡単に車を買うということはできません

未成年者が車を買う時に必要な手続きについて書いていきます。車の免許18歳から取れますが、

しかし、20歳未満の未成年者は、簡単に車を買うということはできません。未成年者が車を買うためには、親(親権者)や後見人の同意書や承諾書などが必要となってきます。これは車を所有したときに生じる大きな責任が、未成年者には果たせないという考えからきています。未成年者が車を買うときには通常の場合と違い、本人の印鑑証明書と実印の代わりに、両親などの親権者か、親権者がいない場合には法律上の後見人の印鑑証明書と実印、実印を押した同意書か承諾書、戸籍謄本か戸籍抄本などが必要となってきます。一旦売った車を20歳なる前に売る、或いは配線する時にも、買うときと同じような書類が必要となってきます。同意書や承諾書には決まった形式はありません。間ですが、未成年者の住所名前車のナンバーや車台番号を記入し、未成年者がその車を買うことにした日付、親権者の名前、住所などを書いて実印を押すと良いでしょう。車買取 福岡