加齢臭のもと、「ノネナール」を除外するには?

男女関係なく、40歳以降、酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が急増することによって急増する物質をノネナールといい、これが加齢臭のもととなっています。
汗自体は水に溶けるのでシャワーやせっけんで洗い流せますが、加齢臭のもとノネナールは水に溶けにくいため、シャワーを浴びても肌にこびりついてとれません。
そのため、どんどんノネナールが蓄積し、年齢を重ねるほどに臭いが強くなるという現象がおきます。

また、ノネナールは手のひらと足の裏以外のすべての汗腺から出てきます。
では、水に溶けないノネナールをどうやって身体から除外すればいいのでしょうか?
まず汗をかくことが大事です。毛穴が開いて溜まっていた老廃物が落ちることで、肌も清潔になります。お風呂に入りましょう。
さらにノネナールにアプローチできる成分が配合されているデオドラント商品を使ってみましょう。
その成分とは、柿渋エキス(柿タンニン)、緑茶エキス(カテキン)、ミョウバン、炭、銀イオン、クロロフィル、ベントナイト、トリクロロカルバニリドになります。
先ずはここから始めてみましょう。

加齢臭が気になりだしたら、こちらのサイトを見てみよう!